バイオニアーズ・コンファレンスで、女性性と男性性の調和をテーマにディスカッション

blog-detail-thumb

バイオニアーズ・コンファレンスは、アメリカ最大級の環境会議です。 2018年10月19日から3日間、米国カリフォルニア州サンラファエル市において開催され、最終日の21日に「ソウル・オブ・ウィメン:男性性と女性性の調和の再構築」をテーマにしたパネルディスカッションが行われました。

パネリストは、世界的な社会活動家のリン・ツイスト氏、アマゾン川の保護活動団体アマゾン・ウォッチ創設者のアトッサ・ソルターニ氏、ニナ・サイモンズ氏、富士宣言共同発起人の西園寺会長の代理、松浦由佳さんの4名。それぞれの体験などを元に、男性性と女性性の融合、男性性と女性性の役割について、パワフルなトークが展開されました。

パネルディスカッションは、約70人の定員を超え、直に床に座る人が出るほど盛況。皆、真剣に耳を傾け、積極的に質問の手が挙がるなど、テーマに対する関心の高さが伺えました。

By: The Fuji Declaration

グローバルな会話に参加しよう
(コメントは日本語のみでお願いします)

みなさまのコメントをお待ちしております

You’ll need to Login or Register to do that.

close

Already a member? Login.

Forgot Password?

New to The Fuji Declaration?

Create Account.

This website is a community service for signatories of The Fuji Declaration. To learn more or register by signing the declaration, please visit the Declaration page.

Continue +
close

Forgot Password?

Reset Password

Please enter your email address. You will receive a link to create a new password via email.

Stay Connected. Subscribe for Free

Get the latest updates and help bring about a flourishing, sustainable future.